So-net無料ブログ作成

さくらももこさん

 前回記事は、『話題の飼い主さん登場』掲載日にそのことを書くというのがアイリスオーヤマさんとの約束だったので書きましたが、本当は書きたいことがありました。

 さくらももこさんが亡くなったこと。

 月曜日の夜に訃報を知り、その日は珍しくブログを既に書いていたのでアップしましたが、実はブログが手につかないほどショックを受けました。

 少し前に「有名人が亡くなっていくことは仕方ないこと云々・・・」と書いたのを後悔しました。若過ぎる・・・。

 今回はルディが関係ない自己満足ブログです。









EB2DE72A-E5C5-4622-BC7C-59DB4A2155A5.jpeg

 『ちびまる子ちゃん』が人気が出始めた頃、ルディパパは週刊青年漫画誌をほとんど読むくらいに漫画が好きでしたが、さすがに『りぼん』は読んでおらず、初めて『ちびまる子ちゃん』の漫画を読んだのはアニメで人気が出たあとでした。

 衝撃的でした。少女漫画誌に掲載されている漫画がこんなに面白いなんて!

 それまでルディパパが好んで読んだ少女漫画といえば『パタリロ!』や『花のあすか組』くらい・・・おっと『赤い爪あと』は怖かったなぁ、破滅的な終わり方をするのも救いようがなくていい。少年ルディパパ、『パタリロ!』は、時としてヴァンコランやマライヒが男なのか女なのか分からなくなって混乱していましたが・・・読んでいました。

 脱線しましたが・・・。

 『ちびまる子ちゃん』を読んで、面白いこともさることながら、衝撃だったのが清水市が洪水になった話。


 ルディパパは小学生の頃、「得意なことは?」と聞かれたら「作文です!」と答えるくらい・・・いや、得意な事が作文しかなかったのです。特に自由に書く作文が好きでした。
 日常のちょっとしたことを作文に書く、或いは人に話すことが大好きだったのです。今もだけど。

 『ちびまる子ちゃん』の清水市が洪水になった話は、主観が自分の主観と似ていて、災害なのに面白く書く、そういうことを漫画にしている、ということに衝撃を受けました。

 "エッセイ漫画"とでも言うのでしょうか。さくらももこさんはその第1人者でしょう。

 なので、エッセイが面白いのも納得。

 『もものかんづめ』をはじめとして、『まる子だった』等、さくらももこさんのエッセイもかなり読みました。
 『富士山』というさくらももこさんが編集長を務めた雑誌(ムック本)も買ったほど好きでした。

 ルディパパなど足元にも及びませんが、些細な出来事を文字にする、文字にしたい!と考えるようになったのはさくらももこさんの影響が大だということは言うまでもないことです。









D687C336-2DB4-402B-9421-397ED4E3C22E.jpeg

 プロレスラーの三沢光晴さんが亡くなった時以来の悲しみ・・・。

 生きていて当たり前な年齢の、好きな有名人が亡くなるということは辛いことです。

 さくらももこさんの作品では、『ちびまる子ちゃん』も好きですが、『永沢君』(中学生になった永沢君が主人公で下ネタもあるブラックな内容です)も好きだった!

 そして、エッセイが漫画化された『ひとりずもう』も好きな作品です。

 ちびまる子ちゃんのその後・・・さくらももこが漫画家デビューするまでが描かれていて、『ちびまる子ちゃん』よりもさくらももこさんのリアルな自伝的漫画になっています。

 成長していくまる子、そしてたまちゃんとの別れ・・・読み返してみましたが、泣ける漫画です。


 アニメ『ちびまる子ちゃん』で流れた『走れ正直者』が好きで西城秀樹さんが亡くなった時に替え歌をブログでやりました。

 『ちびまる子ちゃん』では、『おどるポンポコリン』が有名ですが、ルディパパが『走れ正直者』をも上回るくらい好きだった曲があります。

 以前『ちびまる子ちゃん』が実写ドラマ化されて、だいたいそういうのは良くないと相場は決まっているのですが、思いのほか良くて。
 エンディングで出演者全員と爆笑問題の2人が踊る映像と共に流れた歌が、アニメ版とは違う歌詞があって、当時何か郷愁の念というか、そういうものを感じました。

 郷愁の念を感じ、且つ勇気も出てくる!そんな詩です。

 さくらももこさんは、作詞家としても類稀なる才能の持ち主だったんですよね!



『アララの呪文』!(歌詞一部抜粋)

ふとした はずみで 喧嘩しちゃったけれど

「ごめんね」 言えずにひとり走る帰り道

何かで つまづいたり 立ち直れなかったり

いろんな事がある 人生だから



たとえば 誰かに キモチ届かなくても

はるかな メロディ ずっと流れ続けてる

時には間違えたり 叱られてしまったり

いろんな事がある 人生だけど


それはそれなりでもいいのさ
ケセラセラセラセラリンコ

勇気が湧いてくる呪文さ
アブラカタブラツルリンコ


 さくらももこさんのご冥福をお祈りすると共に、悩んだり嫌なことがあったりしたら「アブラカタブラツルリンコ」の呪文を唱えて、くよくよせずに生きていきたいと思います。

↓ケセラセラセラセラリンコ!のルディにポチッとしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
にほんブログ村

↓ルディブログを応援してくれている方で時間のある方は・・・こちらもポチッとしていただけたら嬉しいです!

ペット(犬) ブログランキングへ
nice!(119)  コメント(12) 

nice! 119

コメント 12

クルークまま

ご無沙汰してます。話題の飼い主さん登場!すごいですね!ルディパパさんの文才力大発揮ですね( *´艸`)

さくらももこさんの訃報は、ショックでした…
私が初めて図書館で読んだ本がさくらももこさんのエッセイでした。
まだまだお若い方の訃報は、本当に残念です…(T0T)
by クルークまま (2018-08-30 13:00) 

ルディパパ

>クルークままさん

ありがとうございます〜!(^^)
頑張って質問に答えました(笑)

さくらももこさんのエッセイ、いいですよね。
まだまだ素晴らしい作品をたくさん書いて欲しかったです。
本当に若過ぎます…(T . T)
by ルディパパ (2018-08-30 15:28) 

ファムママ

さくらももこさん、まだまだ若いのにとても残念です。私もショックをうけた1人です。
他の漫画家さんの話になりますが、私が学生の頃読んでいた少女マンガがありまして、大人になって忙しくなりだんだん読まなくなってしまい、最近LINEマンガで見つけたので毎日1話の更新を楽しみに読んでいたら最後に『作者急逝の為ここで未完のまま終了となります』と、書いてありました(゚Д゚)!!
私が読まなくなってまもなく亡くなっていたのです…そのあとさくらももこさんの亡くなったニュースがとびこんできて…なんだか私にはダブルのショックでした…
それでも何か自分の作品をこの世に残せるってすばらしい事ですね。
ミニピンルディとパパ日記、書籍化、まってます(#^.^#)
by ファムママ (2018-08-30 17:30) 

ポン太郎の母

今晩は。
…漫画の1コマで水害の最中、屋根の上でリコーダーを吹く女の場面があり、何故か今だに鮮烈に記憶に残ってます。
「クスリ」と笑える場面もありながら、お話しの中にちゃんと芯がある…そんな『ちびまる子ちゃん』が、自分も好きでした。…心から合掌。

…そして『パタリロ!』(笑)。
こちらは今なお、進行形でございます!
by ポン太郎の母 (2018-08-30 18:44) 

JUNKO

まだお若いのに、本当に残念です。
by JUNKO (2018-08-30 19:39) 

ぴん太ママ

昨日コメントしようとしたら‥寝オチしてしまいました( ;∀;)

改めまして‥
掲載おめでとうございます(⌒▽⌒)
ぴん太も載せて頂きありがとうございました♡
ぴんパパが涙流して喜んでましたよっ( ̄∇ ̄)

さくらももこさん‥まだお若いのに。。
才能ある方だったのですね。
「ちびまる子ちゃん」しか知らなかった(><)
by ぴん太ママ (2018-08-30 20:34) 

ルディパパ

>ファムママさん

ある程度歳を取った人が亡くなるのと違って、まだ若い人が亡くなるというのは辛いです。
まだまださくらさんの作品に触れられると思っていたんですけどね。
世の中、当たり前のことが当たり前でない場合もあるんだなと痛感しました。

残念過ぎる話ですね(-。-;
作者が亡くなっていた悲しみと作品が未完で続きが読めないという無念さ!
ちょっと状況が違いますが、作者が亡くなってないのに未完の作品ってたまにあって、それが好きな作品だとガッカリです!

ミニピンルディとパパ日記…書籍化…自費出版するしかないかな(笑)
by ルディパパ (2018-08-30 21:29) 

JUNJUN

やはり才能が早くに開花した人は、天に召されるのも早いのでしょうか・・・?
ご冥福をお祈りします。
by JUNJUN (2018-08-30 23:02) 

ルディパパ

>ポン太郎の母さん

ありましたありました、その場面!
流れてくる物を網ですくい上げる家族とか(笑)
早過ぎる訃報、本当に残念です。

パタリロ、ヴァンコランの子供とかいるんですねー!遠ざかっていたのでびっくりでした!
どーやって生まれたんでしょう…奇跡の子って…(ーー;)
by ルディパパ (2018-08-31 19:27) 

ルディパパ

>JUNKOさん

本当に早過ぎますよね。残念で悲しいです。
by ルディパパ (2018-08-31 19:28) 

ルディパパ

>ぴん太ママさん

ありがとうございます〜!

ぴん太家におかれましては、掲載されたこと、我が事のように喜んでくださり、ぼくも涙流して喜んでましたよ!(^^)

あらっ!?ちびまる子ちゃんしか知らなかったのですか!エッセイ凄くいいんですよ〜。
思ったこと感じた事を面白おかしく書く天才なんです。早過ぎる訃報、ショックでした(T . T)



by ルディパパ (2018-08-31 20:33) 

ルディパパ

>JUNJUNさん

多才な人だったので、まだまだやりたい事、たくさんあったと思います。ただただ残念です。
by ルディパパ (2018-08-31 20:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。