So-net無料ブログ作成

ほくろ [病気・病院]

3FE2FC2D-344A-449B-87BC-10ADD251AC72.jpeg

 木曜日は月イチのサロンでした。

 いつものことですが、しょんぼりしながら出掛け、帰宅してからは水を得た魚のようだったルディですが、サロン終了後、獣医先生に気になっているところを診てもらいました。

 と、いうことで久々の備忘録です。









025A976E-2713-4D90-8885-4BA90006C83F.jpeg

 ルディはカイカイがあり・・・。
 膿皮症とアレルギーです。

 膿皮症は痒がることはないのですが、アレルギーはかなり痒がります。

 ミニピンはカイカイ持ちが多いのですが、ルディもそうで、一年中痒がります。
 
 そして他のミニピンの多くがそうであるように梅雨時期から夏にかけてが酷いのです。
 ちなみにルディパパのカイカイも同じ時期に酷い・・・。

 写真は背中のハゲで、膿皮症です。









C1688C48-9A0B-4793-A21F-0E006B733DB1.jpeg

 写真では思った以上に分かりにくいのですが、お腹。

 ちょっとグリグリしたデキモノができていて、実際は写真よりも一目で分かるくらいで、やがてかさぶたとなりハゲます。これも膿皮症。









E89FD7D1-ECCF-48E8-A398-E02DD0F604FA.jpeg

 右足の付け根部分。

 これも膿皮症ですが、アレルギーの方はデキモノができたりはしないのですが、かなり痒がります。
 顔と両前脚で、特に顔は放っておくと掻きすぎて瞼が腫れあがってしまい痛々しい。

 痒がっていつまでも掻いている姿は可愛そうでたまりません。

 しかし、アポキルという錠剤を服用するようになってから劇的に改善して痒がる姿を見るのは減りました。

 アポキルは副作用がないという評判なのですが、ステロイド剤より高価です。
 そして、治癒する訳ではなく、その日その日の痒さを取り去るという薬です。

 ルディの体重的にアポキルを一回に半錠。
 様子を見ながら服用していて、調子がいいと2〜3日に一回、梅雨時などに痒がっていると1日一回となります。

 人も犬も・・・家族が痒がっていると、痒みを取り除いてあげたいのが当然です。

 再三書いていますが、ルディパパもアレルギーのカイカイがあり、検査入院までしました。
 誤解している人が多いのですが、カイカイアレルギーはアレルギー検査をしたらすぐに原因が分かり、それを取り除けば大丈夫、というような簡単なものではありません。

 それ故に、もちろん原因では?というものがあればそれを取り除きつつ、うまく薬を服用しながらカイカイと付き合っていくことになるというのが実体験に基づくルディパパの考えです。

 それで、ルディにとってアポキルはいい薬だな、とは思っているのですが・・・。










EB2D1178-B908-45AF-9949-F9B7471DE29B.jpeg

 右太もも付近。

 アポキルを服用しはじめてからイボのようなものができるようになりました。太もも以外にも数カ所。

 アポキルは副作用がない、とはいうものの、調べてみるとイボができるという副作用が稀にあるらしい。

 ルディは稀に出る副作用があるみたいだ。









9BBC87DF-DC37-42DF-A2C0-778EEC515664.jpeg

 そして、少し前から右脇にほくろみたいなものができて、メラノーマでは?と焦りました。特にルディママが。

 左脇には全くありません。

 前回のサロン時にも獣医先生に診てもらい、「悪いものではない」ということで様子を見ていましたが、その時より大きくなっていて、再度相談したのです。

 犬のメラノーマを調べてみると口腔内が多く、確かに違うのかな?という感じはするのですが、ルディパパ達は所詮素人なので心配は尽きない。

 獣医先生によると、湿疹などが治ったあとの色素沈着だろう、ということでした。

 あと、メラノーマはルディの右脇のように何個も発生することがないこと、更には脇にできることは聞いたことがないということを説明されました。

 どうしても心配で細胞診をする場合は全身麻酔で大変であり、年齢的にもまだ若いのでメラノーマの可能性は低いので検査はおすすめしない、ということでした。

 自分たちでも調べて一応安心はしているのですが・・・。









18064A3D-26DC-4B06-8177-7456C03BD04A.jpeg

 ミニピンは短毛種なので皮膚の異常が容易に発見できます。

 それは長所でもありますが、モフモフ犬なら気付かない程度のものも心配の種となる。

 ミニピンは膿皮症やアレルギーの話はよく聞きますが、このようなほくろもよくあるものなのだろうか?獣医先生は他犬種も毛で見えないがほくろはある、と仰ってはいましたが・・・。

 コロンやパコもあったのかもしれないが、記憶にないのである。

 かかりつけ病院はルディを迎える前のハムスター時代からお世話になっていて信用していますが、特にほくろは心配なのでセカンドオピニオンも考えています。

 ドッグランに行けない夏の間に、以前誤飲事件の時にお世話になった病院へ行ってみようか・・・。









A213EB4B-D987-427A-B441-38E4DE5601F0.jpeg

 以上、分かりにくい写真ばかりですいません!

 深夜、ルディが寝ていて「どーにでもしてっ!」状態の時に撮りましたです。

 眠くても「ハウっ!」はしてきましたが・・・。

↓心配が尽きないルディにポチッとしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
にほんブログ村

↓ルディブログを応援してくれている方で時間のある方は・・・こちらもポチッとしていただけたら嬉しいです!

ペット(犬) ブログランキングへ
nice!(110)  コメント(2) 

nice! 110

コメント 2

JUNKO

ワンちゃんにもいろいろな病気があるのですね。痒いのはすごくつらいですよね。気を付けて観察していないとだめなんですね。効く薬があってよかったです。
by JUNKO (2019-08-04 14:52) 

ルディパパ

>JUNKOさん

人間と一緒でいろいろな病気があり、心配が尽きません…。
by ルディパパ (2019-08-05 12:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。