So-net無料ブログ作成

牽引

 ようやく土曜日からお盆休み・・・お盆を過ぎたら昼間はまだまだ暑くても朝晩の暑さはかなり和らぐはず・・・いや、和らいでくれー!のルディパパです。

 ここ数日デビルディの出現率が異常に高く、金曜日も少し早く仕事から帰ってきたら、ずっと「遊べ!」か「オヤツちょーだい!」。
 夕方からデビルディ出現だと夜散歩の時間まではルディパパの体力がもたないので、まだ行きたくない時間に散歩に行くことになります・・・。






IMG_5333.JPG

 ということでルディ散歩。

 数ヵ月前からルディが散歩を喜ぶようになり、「行きたい!」「行こう!」はないので助かってますが、散歩の用意をするとジャンプして喜ぶようになりました。ようやくです。

 その事を記念して、2年数ヵ月散歩をしてきて思うところを書きたいと思います。

 何回も書いてますが、かなり苦労して今があります。

 ブログを書いていることでたくさんのミニピンとその飼い主さんに会うことができて、話を聞いたりして、更にブログやSNSで拝見するミニピン達と比べてもルディの散歩苦労は上位を争うものと自負している次第・・・。

 そんなルディが今や普通に散歩しているぞ!という自慢ではありません。

 何度も似たようなことを書くのは、ルディパパ自身がルディを迎えた頃、そういう情報を欲していたからです。

 情報、というのは躾の事もさることながら、ルディのような散歩で困っているミニピンを探していたような気がします。みつけたらホッとしたりして・・・。
 しかし、一部ブログを除いて情報は少なかった・・・。






IMG_5334.JPG

 ミニピン初心者の方で散歩で苦労している方が読んでくれて勇気が出たら!と思い、書いてます。

 なので、やり方はオススメしているわけではありません。そもそもすべての犬に同じ躾をしても同様の効果が得られるものではないと思っています。やっぱり犬種によってかなり気性や特性も違うだろうし、性格も違う。

 ルディより散歩が上手な、飼い主が散歩でさほど苦労しなかったミニピンをたくさん知っています。しかし、それらのミニピンが皆トレーナーの訓練を受けたりしたわけではないし、最初から散歩では苦労しなかった、というのも少なくありません。

 それでもミニピンは散歩で歩かない、吠える、というのが他犬種よりは多いと思います。






IMG_5340.JPG

 ルディ散歩コースはどうしても交通量が多いので、リードも普通の短いリードです。

 ルディ1年目は夏の夜に車で公園に行ってフレキシブルリードで遊ばせましたが、ルディパパが一生懸命に走っても10秒もたたずにガイン!となってしまう。もっと長いフレキシブルリードを買うことも考えましたがガイン!までの時間が20秒に伸びるだけで結局ガイン!となってしまうだろうし、ルディの体に悪そうなのでやめました。

 ルディ、フレキシブルリードだと、すぐに走ってしまいます。短く持てば走りませんがそれでは意味がないし、ルディパパが走らない限り思いっきり走るな、と教えるのも面倒なのでやめました。






 





IMG_5338.JPG

 まず、ルディは人と自転車に狂ったように吠えました。ま、これはそれこそ何回も書いているので今回は割愛して・・・。

 ルディ、恥ずかしながらリーダーウォークはできません。というかあまり教えてない。
 ルディパパが、まず第1にルディを吠えさせないようにすることで精一杯だったことが原因ですが、リーダーウォークより大事だと思って教えるのを優先したことがあります。

 散歩中に引っ張らないこととマテすること。






IMG_5339.JPG

 散歩中にルディが吠えることの次に嫌なことは引っ張りでした。
 これも以前に書きましたが、小学生の時に家にいた雑種犬コロンが遂に最後まで引っ張りが治らなかった。コロンを迎えてから散歩はずっと少年ルディパパでしたが、最初アニメ『名犬ジョリー』などに触発されて一緒に走っていたのです。

 時が過ぎて走りたくなくなっても、コロンは走ろうとしてグイグイ引っ張る犬として生涯を終えました。

 それで、ルディを迎える前から「次に犬を迎えたら絶対散歩で引っ張らない犬にするぞ!」と固く決意していたのです。

 最初は歩くこと自体嫌がるし、歩いたとしたらグイグイ引っ張りました。

 散歩を嫌がることも驚きでした。何しろコロンは迎えた日からバカみたいに走ってどこまでも行ってしまいそうな勢いでしたから。それが犬だ、と思っていましたし。

 全然歩かないので、まずは歩くことが優先。そうすると引っ張ります、やっぱり。

 徐々に散歩に慣れてきて(半年ぐらいかかった)、リーダーウォークの練習をしたこともありました。

 よく飼育書とかに書いている、犬が飼い主より先に進んだら止まって反対に歩く、それを犬がまた追い越したら止まって反対に歩く・・・。毎日少しずつ練習しましたが、一向に上手くいかない。住宅地なルディ家なので、誰かに見られたら、「行ったり来たり何やってんだ?」と訝られること間違いなし。

 しまいにはルディは練習を学習してしまい、練習をはじめると一歩も動かないので練習にならなくなりやめました。

 そして、散歩では相変わらずルディパパを牽引しているかのようにゼイゼイ言いながら引っ張る・・・。この時期のルディは散歩が好きではなく、散歩のスタートは”家に帰る”第一歩だったように思います。抱っこの要求はしないルディですので、早く帰ろうとするのも手伝ってひたすら牽引・・・。

 それで、ルディパパは独自の道を歩むことを決意したのです。



 すなわち、

・絶対走らない

・ルディが引っ張って先頭を歩いても自分のペースで歩き続ける

・ルディ先頭で歩いていても、ルディパパが思う通りに進路変更したりする。

・散歩コースは逆から行ったり道順を変えたりする(←これは今年からですがかなり有効的です!)

 以上3点を徹底して2年、今ルディはほぼ引っ張らないし、張り切って先頭を歩いていますがルディパパがリードを少し引っ張った方へ進路を取ります。






IMG_5336.JPG

 ルディ2年間散歩総括と考察、次回へ続く・・・。

↓散歩が好きになってきたルディにポチッとしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
にほんブログ村

↓ルディブログを応援してくれている方で時間のある方は・・・こちらもポチッとしていただけたら嬉しいです!

ペット(犬) ブログランキングへ
nice!(95)  コメント(4)