So-net無料ブログ作成

小型犬と小型犬

 土曜日はBiwaDOG感謝祭に行ってきて楽しい1日でしたが、またもくたくた・・・日曜日は昼まで寝るぞ~!のルディパパです。

 そのことを書くのは次回なので今回は写真のみBiwaDOGでのルディです。






IMG_5814.JPG

 またまた前回の続き・・・。

 前回大型犬について書いたのだけど、今回はルディ達ミニチュアピンシャーが属する”小型犬”・・・いや、ここのところ気になっている他犬種小型犬飼い主さんのことだ。






IMG_5802.JPG

 普通、ドッグランには当然出入り口の扉があり、二重扉になっていることが多い。出入りの際、扉をしっかりと閉めることは当たり前だし、出入りの時に他犬が出てしまわないように配慮することを忘れてはならない。ルディパパも出入りの時に出入り口に犬がひしめいていたら注意しながら開けます。

 しかるに・・・。ミニピン飼い主が当たり前にしているそのようなことができない人が多い。

 ドッグランに一緒に遊びにきている子供達にも注意が必要。ミニピン飼い主さんと一緒に来ている子供達は、親御さんが厳しく注意されていて、あまり心配なことはない。それだけミニピンに脱走のおそれがあり、飼い主さん達がそれを充分に分かっているからでしょう。






IMG_5804.JPG

 ”小型犬”に分類されるカワイイ系の犬の飼い主さん達・・・。扉をしっかり閉めないのはまず人としてどうなのか?な問題で普段からガサツな人なのに違いない。しかし、ミニピン飼い主さん達の中にもガサツな人はいるはずなのに、皆しっかり扉を閉めます。

 カワイイ系の犬の飼い主さんのほとんどはしっかりされておられます。しかし、一部の人・・・。
そもそも、その人達は犬の脱走の概念が少ない。前にも書きましたが春にルディがランから脱走した時に、血相を変えたルディパパに対して扉を開け放した子供の親御さん(フレブル飼い主さん)は最初笑っておられました。
 ちょっとしたイタズラ程度、そしてすぐに捕まると思っておられたに違いない。

 2歳を過ぎたルディは走っていきましたが、呼び戻しで戻ってきて事なきを得ましたが、1歳までのルディだったらどうなっていたかと考えるとゾっとします。






IMG_5805.JPG

 先週のまきばの森でも帰るときにルディパパが先頭でランを出ましたが二重扉の両方ともがフックが掛かっていませんでした。ルディパパ達の前に帰ったのはカワイイ系小型犬飼い主さんでした。

 他にも扉のフックを閉めない人は何回も見てます。扉を押せば開いてしまう状態。

 ミニピンは脱走王とも呼ばれているとか。

 小型犬エリアで遊ぶ時、他犬種飼い主さんが出入りする時、しっかり扉を閉められるか注意するようになりました。

 そして子供さんがいる時は更に注意が必要です。突然出たり入ったりして、扉をしっかり閉めない時がある。






IMG_5806.JPG

 小型犬飼い主さんが扉をしっかりと閉めない、犬の脱走にほぼ無頓着・・・これらの事例が見られるのは小型犬エリアがあるラン。

 大型犬・小型犬のエリア分けがないランではあまり見られない。カワイイ系小型犬飼い主さんも自分の犬以外の犬と多く触れ合う事により脱走の危険を学習するのであろう・・・。

 大型犬・小型犬エリア分けのないランで言えることはそれだけではなく、常連だと思われる大型犬が温厚な場合が多い。普段から数多く小型犬と接することにより小型犬に慣れている大型犬は興奮しても小型犬を追いかけたりしなくなるのではないかと考察している次第。






IMG_5807.JPG

 絶対な訳ではないけれど、やはり危険なのは大型犬・小型犬のエリア分けがされているランで大型犬エリアに入る事だ。

 前回書いたランのように小型犬は何があっても大型犬エリアへ入れない鉄の掟があるランでは大型犬エリアへ入れないので危険はない。

 しかし、ほとんどのランでは小型犬でも大型犬エリアへ入る事は出来る。逆は無理なのだけど。

 エリア分けのランでは注意書きがあります・・・。

 ”犬同士でトラブルが起きても当方は一切の責任を負いかねます!
 と・・・。






IMG_5808.JPG

 もちろんエリア分けのないランが安全かというとそうではなく、常連ではない大型犬も遊びに来る。そして、大型犬と触れ合った事がない小型犬も来る・・・その飼い主さんも。

 先日遊びにいったまきばの森でもGWに大型犬が小型犬を噛んだらしい(まきばの森さんがFacebookにて書いておられたので書きました)。

 ルディパパが普段からルディを連れて行っているランでも悲しい事故こそ見ていませんが、ルディを含めたミニピン仲間のミニピンが大型犬に執拗に追いまわされてヒヤッとしたこと、1度や2度ではない。

 聞いた話も入れるとヒヤッとした話は相当数に上る。

 いつか、悲しい事故が・・・!と以前より思うようになった。 


IMG_5815.JPG 

 大型犬と遊ぶことの危険性、他犬種小型犬飼い主さんに対する注意・・・。

 ルディがランデビューしてから1年程はルディパパも無頓着だった。故に、特にルディパパより後輩のミニピン飼い主さんに特に訴えたい事を3日間に亘って書かせてもらいました。

 
 ルディパパとしては、交通事故等不慮の事故で犬が亡くなること、悲しみに耐えられません。

 しかし、大型犬とのトラブルやランからの脱走、あとラン以外でもハーネス抜け、首輪抜けからの交通事故で犬がなくなること、悲しみもさることながら憤懣やるかたないのです。

 何故ならルディパパはそれらの危険性に気付いていて注意喚起することができるから。それなのに声は届かず・・・というのがなかなかのジレンマなのです。

 ブログやSNSでハーネス抜けや脱走を見たり読んだりする度に思うのです。情報がいきわたっていないなぁと・・・。それらの飼い主さんはミニピンがハーネス抜けすることも知らない、ミニピンを迎えて1年未満の人が多い。ルディパパもそうだった・・・。


 偉そうに3日間書きまして、支離滅裂な文章になってしまい申し訳ありません。
 
 まずルディパパ自体が、これからも気をつけていかなくてはならない!所存でございます・・・。

↓土曜日はちょっと元気なし・・・?のルディにポチッとしていただけたら嬉しいです!
にほんブログ村 犬ブログ ミニピンへ
にほんブログ村

↓ルディブログを応援してくれている方で時間のある方は・・・こちらもポチッとしていただけたら嬉しいです!

ペット(犬) ブログランキングへ
nice!(88)  コメント(12)